NARAtive (ナラティブ)

今と未来、奈良と世界をつなぐ映画制作プロジェクト、NARAtive(ナラティブ)。このプロジェクトの名前は「NARA (奈良)」と英語の「Narrative (物語性 )」がかけ合わされたものです。奈良らしさを映画におさめ語り継いでいく、そんな意味が込められています。なら国際映画祭が、今後の活躍が期待される若手の映画監督を招き、奈良を舞台に映画を制作。その活動を日本の第一線で活躍する映画スタッフやロケ地の地域の人々が支えます。地域を巻き込んでの映画づくりは、住民の地域に対する愛着と他の地域から来た人々との新たなコミュニケーションを生み出します。そしてそこから生まれた映画が国内外へ飛び出し、奈良の魅力を世界中の人々に届けます。
このNARAtiveの監督は、なら国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門において受賞した監督の中から選ばれます。
翌年に撮影が行われ、NARAtiveとして生まれた作品は、受賞から2年後に開催される次回のなら国際映画祭でプレミア上映されます。

NARAtive 2018(最新作)タイトル未定

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
主演:加藤雅也
撮影地:奈良県天理市
NARAtive 2018の詳細へ


NARAtive 2016「東の狼」

監督:カルロス・M・キンテラ(キューバ)
主演:藤竜也
撮影地:奈良県東吉野村
NARAtive 2016の詳細へ

-7179re.jpg


NARAtive 2014「ひと夏のファンタジア」

監督:チャン・ゴンジェ/韓国
撮影地:奈良県五條市
NARAtive 2014の詳細へ

Fantasia Movie Imagere.jpg


NARAtive 2012 「祈 -Inori」

監督:ペドロ・ゴンザレス・ルビオ/メキシコ
撮影地:奈良県十津川村
NARAtive 2012の詳細へ

Inori_Still_1rere.jpg


NARAtive 2010

『光男の栗』監督: 趙曄(チャオ・イェ)/中国
『びおん』 監督:山崎都世子/日本
NARAtive 2010の詳細へ

光男の栗 びおん

TOPへ戻る