Grand Voyage with Africa
グランボヤージュ ウィズ アフリカ
『ナムル』 NAMUL

この作品の監督であるヤンは、どこにでもいる日本のエスニック・マイノリティー(民族少数者)である。彼女の願いは、若い世代が「自分が何者であるか」について苦しまないこと。この短編ドキュメンタリーでは、映像エッセイと共に、奈良市のいろいろな人々に質問を投げかけ、多様性の現在地を探ることにした。多様性と言ってもいろいろあるので、今回は外国人と奈良について少し考えてみる。ということで、ここでクイズです。奈良市に住んでいる外国人の数は、どのくらいでしょうか?

ワールドプレミア
  • 監督:梁 貴恵
  • 韓国・日本
  • 2022
  • 11分
  • カラー
  • -
  • 日本語・英語
  • -

このページをSNSでシェア

予告編
監督
マジョリティとは「気にせずにすむ人々」のこと』これは、とある社会学者の言葉である。社会の“普通”から外れた少数派(マイノリティ)の人々は、些細なことが気になり、憤り、傷ついてしまう。そんな彼らに多数派(マジョリティ)はこう言ってしまう ー「気にしすぎじゃない?」私も知らずのうちに配慮を忘れ、人を傷つけてしまっているということを、忘れないようにしなければと思う。多様性のない社会は未熟である、という。これからも、人々と対話し、人々を撮り続け、私達の社会全体がどの地点にいるのかを、多様な声を通して伝えることのできる作品をつくりたい。
梁 貴恵

関西出身の映像制作者・編集者。[移民]と[主流から外れた生き方]に焦点を当てて創作している。イスパニア学を専攻後、ロンドンでドキュメンタリー映像制作を学んだ。卒業制作のUTOPIA (2018) ではスペインのマリナレダ村に単身滞在し、村の人々と交流しながら撮影。作品は 5 カ国の映画祭で上映された。近年は友人と新しい作品 My Awkward Relationship with the Nations に取り組んでいる。最近はプエルトリコとケニアに興味津々。

なら国際映画祭サポーターによるおすすめのポイント

外国人観光客をもっと受け入れようとする日本において、住んでいる外国人はどれほど認識されているのか・・・作者自信の経験からその疑問を投げかけ、社会の歪みを、ユーモアを交えて問いかけています。

「『ナムル』 NAMUL」をチェックした人が他にもチェックした作品
神社仏閣特別上映
監督:ジャン=クロード・ルブチャンスキー、 ガブリエル・ルブチャンスキー、 マイケル・ ルブチャンスキー
特別招待作品
監督:上本 聡
彼はかつて犯罪組織の一員であったことで、刑務所に数年間服役することに。その時にある女の子からの手紙が…
ナラウェイブ(学生映画部門)
監督:ホービグ・ハゴピアン
2020年3月、アルメニアの首都エレバン。アヴァン岩塩鉱山の地下230メートル。ここにいる男女が呼吸…
グランボヤージュ ウィズ アフリカ
監督:マヨワ・バカレ
菊一文珠四郎包永は750年以上にわたり優れた職人技を家業として代々伝えてきた。同社初の女性社長の物語…
その他のグランボヤージュ ウィズ アフリカ上映作品
監督:アワ・モクタール・ゲイエ
Saarabaとはウォロフ語では「パラダイス」、日本語では「さようなら」を意味する。奈良の街でカメラ…
監督:マヨワ・バカレ
菊一文珠四郎包永は750年以上にわたり優れた職人技を家業として代々伝えてきた。同社初の女性社長の物語…
監督:ウレン・ヌフ・マクトゥ
“The Bigger Picture"は83歳の日本人画家の物語。画家は同じ建造物をこれまで50回…
監督:リディア・マタタ
二人のアーティスト。一人は奈良(日本)に、もう一人はナイロビ(ケニア)に住んでいる。二人はそれぞれの…
監督:梁 貴恵
どこにでもいる日本のエスニック・マイノリティーである監督のヤン。彼女の願いは、若い世代が「自分が何者…
監督:ジョアン・リスパ・キラグ
世界的なパンデミックに見舞われるなか、24代目店主として家業を営む菊岡氏が現代病がはびこる現代社会に…
監督:デルフィーヌ・イエールバンガ
日本にいる間、母国から届くニュースは悪いものばかり。日本は第二次世界大戦から復興することができた。私…