NARAtive 2010 – 2020
ナラティブ 2010 – 2020
『再会の奈良』 TRACING HER SHADOW

中国人の老女が日本に住む孫娘のような存在のシャオザーを訪れ来日するところから物語は始まる。
老女には日本に帰した中国残留孤児の養女、麗華がいるが、ここ数年連絡が途絶えている。
心配で堪らず老女は麗華を探しに来日したもののシャオザーと二人でなかなか上手く手掛かりも掴め無かった。
そこへ、ひょんなことから元警察官の男一雄が現れる。この一雄との出会いによって麗華探しの旅は思わぬ
展開を始める。麗華探しに手をかす一雄はシャオザーに自身の娘の面影を重ね、麗華を想う老女、その老女を
想うシャオザー、この3人の不器用な旅は思わぬ終着点へと誘われていく。

© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, X Stream Pictures (Beijing)

  • 監督:ポンフェイ
  • 日本・中国
  • 2020
  • 99分
  • カラー
  • DCP
  • 日本語・中国語
  • 日本語字幕

このページをSNSでシェア

上映時間・会場

【無料上映】

9月21日(水)10:00~
バスターミナル

※ 空席有りの場合、現地での直接入場も可能です

予告編
監督
私はずっと、中国と日本のフレンドシップをテーマに映画をつくりたいと思っていました。師匠と弟子、友人でもあったこの2国は敵対することもありました。でも、戦争には終わりがあります。愛に終わりはありません。日本と中国には温かい人間ドラマがたくさんあります。戦争が遠い過去になりつつある今、2国の間に生まれた真の家族愛を、今に近い時代設定で描きたいと思いました。人の感情は時間を経て今も生き続けるからです。
ポンフェイ

1982年、中国生まれ。パリの映画学校を卒業後、台湾の監督ツァイ・ミンリャンのもと、助監督・脚本を務める。長編デビュー作『Underground Fragrance』(2015)は「シカゴ国際映画祭」の新人監督コンペティションで受賞。2作目『The Taste of Rice Flower』は「ベニス・デイ」にノミネート。2018年の「なら国際映画祭」で観客賞を受賞。

なら国際映画祭サポーターによるおすすめのポイント
「『再会の奈良』 TRACING HER SHADOW」をチェックした人が他にもチェックした作品
特別招待作品
監督:上本 聡
彼はかつて犯罪組織の一員であったことで、刑務所に数年間服役することに。その時にある女の子からの手紙が…
ユース映画審査員
監督:オリビア・ロシェット、ジェレッド・ジャン・クレアズ
大学を卒業したブリュッセルに住むカップル、ビリーとルーカスは人生の次のステージを目の前にしている。ド…
自転車発電上映
監督:ジェフ・フォウラー
世界的人気を誇るセガの人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化。宇宙最速で走るパワーを…
ユースシネマインターン
監督:黄 インイク
秘境の島、忘却の炭鉱。越境者はなぜこの地にとどまったのかー
その他のナラティブ 2010 – 2020上映作品
監督:ポンフェイ
中国人の老女が日本に住むシャオザーを訪れ来日するところから物語は始まる。老女には日本に帰した中国残留…
監督:ペドロ・ゴンザレス・ルビオ
山深い奈良県・十津川村にある小さな集落、神納川。自然とともに生きる人間本来の営みが受け継がれているそ…
監督:アイダ・パナハンデ
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。名家の後継ぎを巡り家族…
監督:山崎 都世子
小さい頃の母との離別のトラウマを抱えながら生きる志保-28歳。ある日の帰り、木工作家をしている誠人に…
監督:カルロス・M・キンテラ
100年以上の間、東吉野村の森ではニホンオオカミが目撃されていない。 それでも年老いた地元の猟師アキ…
監督:チャオ・イェ
ある日、東京で暮らしているはずの母は奈良県橿原市に降り立つ。東京から橿原に来た理由は息子探し。ある母…
監督:チャン・ゴンジェ
韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフンは、日本語を話す助手のミジョ…