なら国際映画祭

  • JapaneseJP
  • EnglishEN

メインプログラム Main Programs

2年に一度の「なら国際映画祭」で行われる主要なプログラムをご案内します。

The main programs of the biennial Nara International Film Festival

1. ナラティブ プレミア上映 1. NARAtive Film Premier

「NARAtive(ナラティブ)」は、今後の活躍が期待される若手の映画監督を招き、奈良を舞台に映画を制作することで、今と未来、奈良と世界をつなぐ映画制作プロジェクト。「NARAtive」を担う監督は、前回の「なら国際映画祭」のインターナショナルコンペティション部門において受賞した人材の中から選ばれ、受賞から2年後に開催される映画祭でプレミア上映されます。

NARAtive is a project that invites a young, up-and-coming film director to make a film set in Nara, connecting the present with the future, and Nara with the world. The director of NARAtive is chosen from among the award winners at the previous NIFF International Competition, and their NARAtive film will premier at the next NIFF two years later.

2. インターナショナルコンペティション 2. International Competition

世界中の若手作家から映画作品を募集。厳正な選考をくぐり抜けた名作たちがお披露目されるメインコンペティションプログラムです。映画上映後には、監督本人の舞台挨拶も実施。優秀な作品には、映画界の第一線に立つ審査員メンバーが選ぶ最高賞「ゴールデンSHIKA賞」や「観客賞」などが送られ、クロージングセレモニーで発表されます。受賞者は次回の「NARAtive」の企画案を出す権利が与えられます。

We gather works from young film creators from all around the world. Those that pass the rigid selection process are presented here in this main competition program. After the film is shown, the director themself comes up on stage to say a few words. Works of excellence are given the Golden SHIKA Award and the Audience Award, and they are announced at the closing ceremony. Award-winners have the opportunity to submit a proposal for the next NARAtive project.

3. ナラウェイブ - 学生映画部門コンペティション 3. NARA-wave - Student Competition

「NARA-wave (ナラウェイブ) 」は、学生が手掛けた映画・映像作品を対象にしたコンペティション。参加作品が「カンヌ映画祭」の学生部門にも参加するなど、「NARAwave」にノミネートされる作品は、 海外の映画祭からも評価されています。最高賞は「ゴールデンKOJIKA賞」。受賞者には「NARAtive」の企画案を出す権利が与えられ、採用されれば次回「NARAtive」の映画監督に選ばれることになります。

A competition for student films, videos, and moving-image arts. Some participating works also participate in the Cannes Film Festival’s student competition, and works nominated by NARA-wave receive acclaim from other film festivals overseas as well. Works of excellence receive the Golden KOJIKA Award. Award-winners have the opportunity to submit a proposal for the NARAtive project, and if it is accepted, they will be chosen as the film director of the next NARAtive project.

4. ユース審査員部門 4. Youth Jury Program

パートナーシップを結ぶ「ベルリン国際映画祭」が推薦する長編映画作品、「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」が推薦する短編映画作品を、 10代の子どもたちが審査員となって審査します。クロージングセレモニーでは、彼ら“ユース審査員”が、それぞれの部門の最優秀作品を発表。見る観点からの映画に関わる機会を、未来の映画人たちに提供しています。

Teenagers serve as jurors and judge full-length films recommended by Berlinale Spotlight Generation, as well as short-length films recommended by Short Shorts Film Festival & Asia, both of which whom we have partnerships. In the closing ceremonies, these "youth jurors" announce the awards of excellence for each category. This provides an opportunity to the film people of the future to be involved in films from another perspective.

5.ユース映画制作ワークショップ上映会 5. Youth Filmmaking Workshop

映画監督を講師に招き、中学生が主体となって構想から撮影・編集など、すべての過程を体験して映画製作を行うワークショップを実施。そうして、子どもたちが作った映画作品を「なら国際映画祭」で上映しています。全国で活動する「こども映画教室」とのコラボレーションで行う、奈良から次世代の映画監督・クリエーターを育成する取り組みです。

We invite a film director to serve as an instructor, and junior high school students experience filming, editing, and the entire process of making a film in this workshop. We will screen the completed work at the Nara International Film Festival. Collaborating with Children's Film Classes from across the country, this is a program from Nara that trains the next generation of filmmakers and creators.

6. カンヌ映画祭招待作品上映 6. Screening Films Invited to Cannes

「なら国際映画祭」は2016年より「カンヌ国際映画祭」とのパートナーシップを締結。毎年、その年の短編部門と「シネフォンダシオン(学生部門)」の受賞作品のみを集めた、豪華なラインナップを上映しています。世界で注目を集める新進気鋭の若手作品が一挙に観れる貴重な機会です。

Since 2016, NIFF has had a partnership with the Cannes Film Festival. Every year, we screen a magnificent line-up of that consists only of that year's short film category and cinéfondation (student category) award-winners. It is a precious opportunity to see all of these films from rising, young directors who are getting noticed all around the world.

7. シネマインターン 7. Youth Cinema Internship

「シネマインターン」は、作った映画作品を多くの人に届けるための配給・宣伝が学べる、ユース世代向けプログラムです。どうすれば映画の魅力を伝えられるのか、たくさんの人に見てもらえるのか。東京の映画配給会社と連携し、子どもたちはプロフェッショナルの仕事や技術を学びながら、実際に新世代監督の映画の配給・宣伝にチャレンジします。

Youth Cinema Internship is a youth program where participants learn about distribution and advertising a completed film so it can reach a large number of people. How do you convey the beauty of a film, how do you make sure it's seen by many people? With the cooperation of a film distribution company in Tokyo, children learn about professional work and skills while taking on the actual challenge of distributing and advertising a film from a new director.