なら国際映画祭について

理事レッドカーペット2014.jpg

奈良の平城遷都1300年目となる2010年、映画作家の河瀬直美をエグゼクティブディレクターに迎え始まった「なら国際映画祭」。2年に1回開催される映画祭の企画運営の他、国内外の若手監督と奈良を舞台とした映画製作や、こども・海外学生とのワークショップなど、映画の魅力を伝える数々のプロジェクトを実施しています。次回の「なら国際映画祭は」2016年9月に開催します。

TOPへ戻る