Special Invitation Films
特別招待作品
『雨降って、ジ・エンド。』 It Rains, and It’s the End

写真家志望の女・遠藤日和は、雨宿りに忍び込んだ店で、ピエロのような化粧をした男・雨森と出会う。思わず撮った雨森の写真がSNSでバズったことから、日和は不純な動機で雨森に近づく。「世界は笑顔で溢れるべき」と、街で風船を配る雨森に、日和はいつの間にか恋心を抱くが、事態は思わぬ方向へ転がっていく。人を好きになるってこと真摯に描くブラックコメディドラマ。

  • 監督:高橋 泉
  • 日本
  • 2020
  • 84分
  • カラー
  • -
  • 日本語
  • 英語字幕

出演:古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也|脚本:髙橋泉|音楽:平本正宏|撮影:彦坂みさき|照明:金子秀樹|録音:皆川慶介|美術:泉佳央里|衣裳:石原徳子|ヘアメイク:南辻光宏|助監督:菊地健雄|プロデューサー:齋藤寛朗|企画:群青いろ|制作:カズモ

このページをSNSでシェア

上映時間・会場

9月20日(火)15:30~
バスターミナル

※空席有りの場合、現地でのチケット購入も可能です
ゲストトーク

9月20日(火)15:30~
上映後~

監督
高橋 泉

1973 年11月 1日、埼玉県生まれ。脚本家・映画監督。2001 年より、廣末哲万氏とともに、映像ユニット「群青いろ」を結成。以降、自主制作で20 数本の映像作品を製作。その卓越した人物描写は国内外から広く評価されている。 代表作に、第26回ぴあフィルムフェスティバルグランプリ受賞『ある朝スウプは』(2003年/脚本・監督)、ロッテルダム国際映画祭NETPAC賞受賞『14歳』(2006年/脚本)、第65回ベルリン国際映画祭フォーラム部門出品『ダリー・マルサン』(2014年/脚本・監督)がある。

なら国際映画祭サポーターによるおすすめのポイント
「『雨降って、ジ・エンド。』 It Rains, and It’s the End」をチェックした人が他にもチェックした作品
沖縄特集
監督:比嘉 賢多
僕とあなたを隔てるラインはどこにある? 当事者目線の切実さで、気づき、気づかせ、始めてゆこう
ナラウェイブ(学生映画部門)
監督:ホービグ・ハゴピアン
2020年3月、アルメニアの首都エレバン。アヴァン岩塩鉱山の地下230メートル。ここにいる男女が呼吸…
カンヌ映画祭招待作品
監督:ローレン・フェルナンデス
公営住宅の隣近所に住む4人が、コミュニティー暮らしのささいなトラブルについて、カメラを前に語っていく…
ナラウェイブ(学生映画部門)
監督:劉波(リュウハ)
長いこと大都会を彷徨っている直人は、いつも、苦しい少年時代に自分に温かく接してくれた友人のタクミのこ…
その他の特別招待作品上映作品
監督:上本 聡
彼はかつて犯罪組織の一員であったことで、刑務所に数年間服役することに。その時にある女の子からの手紙が…
監督:河瀨 直美
「私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。この世は、それだけを望んでいた。…だとすれば、…
監督:横山 雄二
監督:空下 慎
一人の女の子が介護施設の中で生きる意味を探す物語。
監督:古川 葵
監督:高橋 泉
写真家志望の女・遠藤日和は、雨宿りに忍び込んだ店で、ピエロのような化粧をした男・雨森と出会う。人を好…
監督:池田 エライザ、GAZEBO、齊藤 工、福永 壮志、藤井 道人、真壁 勇樹、水川 あさみ、村上 リ子、ムロ ツヨシ
年齢や性別、職業、若⼿とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越えて選出された⼈気&注⽬の監督陣に…
監督:太田 光海
セバスティアンとパストーラは、エクアドル南部アマゾン熱帯雨林に住むシュアール族。かつて首狩り族として…