NARAtiveNARAtive 2016

タイトル「東の狼」

-7179.jpgのサムネイル画像

監督:カルロス・M・キンテラ(キューバ)
主演:藤竜也
撮影地:奈良県東吉野村

なら国際映画祭2014のNARAtiveコンペティションで審査員特別賞を受賞したキューバ出身のカルロス・M・キンテラ監督が、2016年4月に東吉野村で新作「東の狼」を撮影しました。現在、海外で編集作業中で、9月17日に開催予定の第4回なら国際映画祭2016のオープニングセレモニーでプレミア上映されます。

東吉野村は、絶滅した日本オオカミが最後に見かけられた場所として知られています。カルロス監督は昨年4月にも来日し、東吉野村に3週間ほど滞在し、映画の構成を練っていました。オオカミ絶滅の場所であること、そして1969年に公開された映画「キューバの恋人」にインスピレーションを受け、独創的な世界をオリジナルの脚本として書き上げました。この映画の主演にあの名優、藤竜也さんの協力をいただき、今までにないスケールの映画が出来上がろうとしています。ぜひ9月に奈良で世界初公開のチャンスをお見逃しなく!

-4347.jpg -4403.jpg -5091.jpg
東吉野の水の神を祀る丹生川上神社

撮影の安全を祈る祈願祭の様子

スタッフと打合せするカルロス監督
-4820.jpgのサムネイル画像 -5200.jpgのサムネイル画像 S__29884419.jpg
主演の藤さんとも入念な打合せ 河瀨直美プロデューサー筆の店看板 ドローンで空からの撮影

TOPへ戻る