NARAtiveNARAtive 2014

タイトル 『ひと夏のファンタジア』

監督:チャン・ゴンジェ/韓国
撮影地:奈良県五條市

第2回なら国際映画祭2012インターナショナルコンペティションに出品し、NARAtive制作権を獲得した、チャン・ゴンジェ監督作品。2013年夏、日本の一戦で活躍するスタッフ・キャストに加え、韓国からもスタッフ、キャストが奈良県五條市に集結して撮影が行われました。五條は「かぎや」で知られる花火発祥の地で、本作の中でも花火が重要なシーンで印象的に登場します。

2014/DCP/96分/日本・韓国/日本語字幕・英語字幕

<あらすじ>
韓国人の映画監督のキムと助監督兼通訳のパクは、新作の映画の撮影に先立って、若者の多くが都市部へと離れた、古くからの町並みを残す日本のとある町を訪れる。二人はシナリオのネタ集めに町を奔走し、パクは案内役を買って出た、町の広報課に勤める若い男性に心を惹かれはじめる。チャン・ゴンジェ監督の実体験をもとに描かれるひと夏の物語は、夜空に打ち上げられる美しい花火をきっかけに、現実と映画の世界が交わり展開されていく。

<監督プロフィール>
1977年、韓国生まれ。韓国国立映画アカデミー(KAFA)にて映画を学ぶ。長編処女作品 Eighteen (2009) は、バンクーバー国際映画祭にてDragon & Tigers Awardを受賞の他、ロッテルダム・香港・ブエノスアイレスなどを含む15の国際映画祭、エディンバラ国際映画祭、他にて受賞。20ヶ国以上で上映される。プロダクション会社MOCUSHURAを設立し、自身の長編作品すべての製作を手がける。現在は龍仁大学校にて映画制作を教える。

TOPへ戻る