NARAtiveNARAtive 2010

タイトル 『光男の栗』

監督:趙曄(チャオ・イェ)/中国
撮影地:奈良県橿原市

光男の栗
日本 / 2010年 / HD / 60分 / 英語字幕 / NPO法人なら国際映画祭実行委員会 配給

あらすじ
ある日、東京で暮らしているはずの母は奈良県橿原市に降り立つ。東京から橿原に来た理由は息子探し。息子が母の元に置いていったデジタルカメラに収められた写真を頼りに、母親の息子探しが展開する。息子の足跡を一つ一つ歩き続けたその先にあったものは、親切な息子の友人、壮大な奈良の自然、そして深い息子の母への想いだった。息子を探して歩く母とその母を想う息子のすれ違いと結びつき。ある母息子の愛のかたちを橿原から世界に届けます。
スタッフ

〈監督〉趙曄
〈脚本〉趙曄
〈プロデューサー〉河瀬直美
〈撮影〉中野英世
〈照明〉山本浩資
〈録音〉森 英司

キャスト

桃井かおり
百々節子
うだしげき

監督
趙曄
Zhao Ye
プロフィール

1979年生まれ。2004年、北京電影学院卒業。同年、短編アニメーション作品『Cai Wei-Weed Picker』を監督。2007年には、長編デビュー作品「Ma Wu Jia」を制作。多くの国際映画祭で上映され、中国独立電影影展では撮影賞を受賞。2008年に完成した2作目の長編「Jalainur」は第13回釜山国際映画祭にて、国際批評家連盟賞(Fiprescif Prize)を受賞。その他バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、アデレード映画祭に出品された。


タイトル『びおん』

監督:山崎都世子/日本
撮影地:奈良市田原地区

びおん
日本 / 2010年 / HD / 60分 / 英語字幕 / NPO法人なら国際映画祭実行委員会 配給

あらすじ
小さい頃の母との離別のトラウマを抱えながら生きる志保-28歳。長い年月を経て母に会い行くが、母親は昔と同様に志保の気持ちには答えてくれなかった。何を求めても納得できる答えは出てこない。そのやるせなさは、これまでためてきた母親に対する怒りを掻き立てた。その後間もなく志保のもとに母が交通事故に遭った知らせが届く。突然、自分を捨てた母親の身元保証人という望まない立場にたたされ動揺する志保。そんな憂鬱な毎日を過ごす志保にとって、週一回の料理教室は心のよりどころになっていく。ある日の料理教室の帰り、田原で木工作家をしている誠人に出会う。誠人の出現以来、週一回の料理教室はうつうつとした気分を晴れやかにし、生活に潤いをもたらした。そんな矢先、志保のもとに不意の知らせがおとずれる。
1300年の時が流れる古都奈良の自然の数々につつまれながら、志保と誠人の関係の先に待ち受けているものとは...
スタッフ

〈監督〉山崎都世子
〈脚本〉山崎都世子
〈プロデューサー〉河瀬直美
〈撮影〉猪本雅三
〈照明〉安部 力
〈録音〉伊藤裕規

キャスト

桃生亜希子
こみずとうた
りりィ

監督
山崎 都世子
Toyoko Yamasaki
プロフィール

1975年大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業。 TV番組制作会社を経て、映像制作を主とした「Okoku」を設立。 第13回長岡アジア映画祭のプログラム、第10回長岡インディーズムービーコンペティション・審査員特別賞『 パンとキリスト』 山崎都世子監督『小夜鳴鳥(ナイチンゲール)』が、韓国インディ・フォーラム2008映画祭にて上映。最新作は"島根県浜田市"を舞台に「神楽」をモチーフにしたフィクションとドキュメンタリーが融合した『さくら』。第17回映画祭TAMA CINEMA FORUMにて特別招待上映。関西を拠点にし、独特の世界観で作品を撮り続けている。

TOPへ戻る